上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この冬のポチっシリーズ第2、3弾はこのウェッジたち。

キャロウェイの『X SERIES JAWS ミルキークロム JP 50°&56°(2009)
jaws01

ちなみに、こちらは旧溝ウェッジです。


前回書いた「PW(45°)とSW(55°)の間」を埋めるべく、
いわゆるAWを買いたいなと思っていて、
最初はアイアンセットにあるAWを探していたんだけど、
自分のX-20(新溝復刻版)にはない事が判明し、ウェッジ単品を購入しようと決意。


ロフトはちょうど中間の50°、メーカーはいつも通りキャロウェイで絞り、
他の条件は、
 ・シャフトはMemphis10くらいの重量。(N.S.PRO950だと軽いし、DGだと重過ぎ。。。)
 ・ノーメッキはスルー。
 ・今の間に一度旧溝ウェッジを使ってみたい。(クラブフェース溝規制についてはこちら

・・・ってことで、キャロウェイ旧溝ウェッジの最後のモデル
『X SERIES JAWS ミルキークロム JP(2009)』を買うことに(・ε・)/

シャフトはMemphis10。
jaws02

でもって、50°を購入することにすると、
感覚的にSWも同じモデルじゃないと気持ち悪い?感じがして、
バウンス角が16°と大き目なのがどう影響するかはわからないけど、
とりあえず、50°と56°の両方を購入することにした。


ここで、ちょっとした問題が発生。
軟鉄だし消耗する気がしたから、可能な限り新品で探していたんだけど、
2009年モデルだから?か旧溝の駆け込み需要?なのかなかなか無い。。。

56°は千歳アウトレットモール・レラのキャロウェイショップで発見したけど、
なかなか50°が見つからず断念。。。結局、50°は中古で購入。

構えてみるとこんな感じ。
jaws03

まだ雪に向かって打っているので、そのスピン性能が体感できていない。
早く雪が解けて、そのスピン性能が体感したいなぁ~ヽ(=´▽`=)ノ
スポンサーサイト

正月モードによる更新サボりで既に1か月前だが、
キャロウェイの『X HYBRID(ユーティリティ) US 3H』を中古で買ってみた。


既に、このオフシーズンにクラブを”ポチっ×3”をしちゃっているのだが、
まずは第1ポチっのユーティリティから紹介(・_・;)

去年までのクラブセッティングは、
・DR(9.5°)
・5W(19°)
・4I~9I(24°、27°、30°、33°、37°、41°)
・PW(45°)
・SW(55°)
・PT
この全部で11本。

4Iは不安定でほとんど使っていないので実際は10本でラウンドしていたが、
少しは番手ごとの距離が出せるようになってくると、
今のセッティングの「5W(19°)と5I(27°)」と「PW(45°)とSW(55°)」の間が開いてしまいちょっとした課題に。
(「PW(45°)とSW(55°)の間」は、また次回に)


4I(24°)が使えると少しは良いのかもしれないが、自分の技量じゃ到底まだまだムリ。
いつか4Iが使えるようになる?と想定して、21°付近のウッド系クラブ(7Wか3UT)を買おうかと。

あとは、短い方が使いやすそうだし、一度UTを使ってみたかったことからUTに絞り、
現行の5I(27°、37.75inch、419g)からの重量フロー的にはN.S.PRO950とか
軽量スチール辺りが良さげなんだけど、アイアンが少し重めに感じてることもあって、
重めのカーボンのこのモデル(21°、40.25inch、370g)となりましたとさ。
ut01

実際に打ってみると・・・

重量感があってなかなかいい感じ!
しかも、5Wに比べて2inchほど短いのと、
シャローフェースだからかヘッドが大きく見えて安心感がある。


これはいい買い物をしたかも(*^_^*)


ただ、ちと怖いのは若干軽めの5Wが打てなくなりそうな気がする(・_・;)
重量フロー的に5Wは軽めだから、
少し様子をみてトップが多発するようであれば鉛張りを検討しようと思う。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。