上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新しいクラブを購入する際に調べた「クラブフェース溝規制」についてまとめてみた!

2010年以降のモデルを購入する場合には影響ないが、
それ以前のモデルを購入するときは一応理解すべきかと・・・。


"クラブフェース溝規制"

2010年1月から施行されたこの規制の目的は、
近年のアイアン、ウェッジにおける急速なのスピン性能の進化によって
フェアウェイとラフからプレーする難易度の差が必ずしも生まれていないことから、
スピン性能に関わる要素の1つであるフェース面の溝を規制して
ゲームの中でのショットの正確性の重要さを高めること、だそうだ。

これによって、ゴルフメーカーは2010年からは新ルールに基づいたクラブしか生産できない。


・・・だが、一般ゴルファーには15年間の施行期間が定められてて、
新ルール不適合のクラブでも2024年までは使用できるのだ!
つまり、今から必ずしも新ルール適合のクラブを購入する必要はない。

※ 2009年中に製造した新ルール不適合のクラブを2010年以降に販売することは許されている。

<参考URL>
All About(2010年施行!クラブフェース溝規制とは)
財団法人日本ゴルフ協会

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。